おやまの生活

子どものペースに寄り添ったゆったりとしたスケジュール配分をすることで、子ども達が主体的に生活する機会や挑戦してみたい気持ち、ゆっくり休みたい気持ちなどを保障しています。子どもが主体的に暮らすことはたくさんの時間が必要なのです。

 

大人の希望をつづった保育計画もありますが、子ども達の声から紡ぐ日々の保育を大切にしています。

運動会や発表会は原則ありません。子どもの育ちや興味、意欲に沿って、計画することはあります。

ですので、遠足が急に決まることもあります。

 

年少は体験期、年中は繰り返し期、年長は飛躍期として、3年間の繰り返しの中で経験を活かし、生活や遊び、お百姓仕事などを自分なりに身につけていきます。

 

遊ぶということは、身の回りの世界やその仕組みを知ること、お友達や大人と関わること、試行錯誤して作ってみること、自分の体を知ることなどですので、子ども達の「遊んだ」は「学んだ」に置き換えて考えていいでしょう。

遊び1日平均5時間×1ヶ月(20日)×12ヶ月×3年=3600時間。3年間でこれだけの時間、学ぶのです。小学生と同じくらいか、それ以上かもしれません。

 

 

おやまの1日

8:00〜  バス登園

9:00   園舎到着 朝の支度

9:30   朝の会(歌、今日自分がやりたいこと発表、1日の予定を確認など)

9:45〜  あそび(園庭、散歩など)

       活動(畑仕事、製作など)

       昼食(好きな時間に)

       お昼寝(疲れた子)

14:30  休息

15:00  おやつ

16:00〜 バス降園

 

 

おやまの1年

4月  入園・鍼灸を祝う会、味噌炊き

 

5月  田植え

 

6月  端午の節句、野休み

 

7月  お泊まり保育

 

8月  笹の節句、夏休み

 

9月  お月見

 

10月  稲刈り、脱穀、お泊まり保育

 

11月  案山子あげ

 

12月  お餅つき、冬休み

 

1月    鏡開き

 

2月    節分

 

3月    桃の節句、卒園式

 

 

一人一つずつ畑で好きな作物を育てたり、田んぼでお米を育てたりします。

 

その他に、懇談会(年4回)、フィールド整備など保護者行事あり。遠足など、子ども達の興味意欲関心により、行事が変わります。